読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is like Sunday

毎日がまるで日曜日

はてなブックマークのカテゴリーについて思ったこと

ここ数日、はてなブックマークを利用していて思ったことがある。
それはカテゴリーについて。


まず最初にひっかかったのが、松方弘樹さんの訃報。
はてなブックマークでは、エンタメカテゴリに属している。
訃報はエンターテインメントなのか? 俳優として活躍していた人なのでエンタメ欄でもいいかもしれない。でも、新聞ならば、訃報は社会面あたりに掲載されているのではないだろうか。人の死はエンターテインメントではない。訃報記事にエンタメというカテゴリータグを見て、少し不快な感情がわき起こった。


そして、もうひとつひっかかったのは、小鳥が仲間の死を受け入れられない様子をとらえた映像だ。
はてなブックマークでは、おもしろカテゴリに属している。
これ、おもしろいか? いや、悲しいじゃん。おもしろを興味深いという意味で使っているとしても、同じ言葉のなかに楽しいや愉快といった意味も持つわけで、このカテゴリーは適切ではないんじゃないかとなんとなく感じた。悲しい出来事みたいなカテゴリーがあってもいいのではないか。


言ってることは屁理屈なんだと自分でもわかってるんだけど、ただ心情的になんかもやっとした。

[閉じる]