Everyday is like Sunday

毎日がまるで日曜日

今考えていること

 人生を何とかしたい。
 手取り15万円の底辺生活を抜け出したい。
 抜け出すために必要なことはなんだろう。
 ない頭を使って考えた。
 実績だ。学歴だ。
 実は、今の手取り15万円の仕事に就いてからずっと転職活動をしている。
 二年半。ずっと。
 しかし一度も書類通過しない。
 わかっている。
 自分には転職できるだけの、経歴と学歴がないことを。
 じゃあつくればいいじゃない歴とやらを。
 そう考えたのです。
 だから勉強します。いまから。
 なにを勉強するか。
 大学に行きたい気持ちはある。学歴が欲しいため。
 興味があるのは、コンピューターサイエンス。
 働いているため、通学は無理。
 必然、通信になるが、検索したところ日本の大学で通信でコンピューターサイエンスを学べるところはない。
 コーセラとか世界の大学になるのね。
 ……英語できないのね。
 英語も勉強しなきゃいけないね。
 英語で学位を取得できるくらいにならなければいけない。まず。
 考えるほど道は未知になるようにどんどんと遠くなっていく。
 正直、ひとりでどうしていいのか途方に暮れている。
 メンターがほしい。メンター。
 でも、リアルの周囲にはメンターに適した人がいないのが現実。
 ネットではメンタというサービスもあるけど、お金がかかる。
 コーセラでコンピューターサイエンスの学位を取るのに200万円以上はかかる。
 学費だけでも手取り15万円の自分にはかなりきつい。
 メンターにまでお金を出すことはできない。
 結局、貧乏人は貧乏から抜け出すことはできないのか……。
 人によってはそんなことはないこともないのだろうが、私にとっては難しいのかもしれない。
 諦めたくはない。だから、自分にできることを考えなきゃいけない。
 コーセラでコンピューターサイエンスの学位をとることは現実的ではないということなのだよなぁ……。
 ほかに何があるんだろう。
 検索するしかないか。

[閉じる]