Everyday is like Sunday

毎日がまるで日曜日

X. Wheel of Fortune/運命の輪 を考えるためのメモ

X. Wheel of Fortune/運命の輪

RWS Tarot 10 Wheel of Fortune.jpg
By パメラ・コールマン・スミス (-1951) - Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より(下部 NOTE 節を参照)。en:File:RWS Tarot 10 Wheel of Fortune.jpgより移入。, パブリック・ドメイン, Link

In this symbol I have again followed the reconstruction of Éliphas Lévi, who has furnished several variants. It is legitimate--as I have intimated--to use Egyptian symbolism when this serves our purpose, provided that no theory of origin is implied therein. I have, however, presented Typhon in his serpent form. The symbolism is, of course, not exclusively Egyptian, as the four Living Creatures of Ezekiel occupy the angles of the card, and the wheel itself follows other indications of Lévi in respect of Ezekiel's vision, as illustrative of the particular Tarot Key. With the French occultist, and in the design itself, the symbolic picture stands for the perpetual motion of a fluidic universe and for the flux of human life. The Sphinx is the equilibrium therein. The transliteration of Taro as Rota is inscribed on the wheel, counterchanged with the letters of the Divine Name--to shew that Providence is imphed through all. But this is the Divine intention within, and the similar intention without is exemplified by the four Living Creatures. Sometimes the sphinx is represented couchant on a pedestal above, which defrauds the symbolism by stultifying the essential idea of stability amidst movement.

Behind the general notion expressed in the symbol there lies the denial of chance and the fatality which is implied therein. It may be added that, from the days of Lévi onward, the occult explanations of this card are--even for occultism itself--of a singularly fatuous kind. It has been said to mean principle, fecundity, virile honour, ruling authority, etc. The findings of common fortune-telling are better than this on their own plane.
― THE PICTORIAL KEY TO THE TAROT

 
 
このシンボルの中で、いくつかの変形を提供してきたエリプハス・レヴィの再建に再び従った。エジプトの象徴がわれわれの目的にかなうときにそれを使うのは、起源の理論がそこに暗示されていなければ、当然のことである。しかし私は蛇の形でテュポーンを示した。Ezekielの4つのLiving Creaturesがカードの角度を占め、車輪自体が特定のTarot Keyの例証としてEzekielの視覚に関してLéviの他の指標に従っているので、象徴性はもちろんエジプト人だけではない。フランスのオカルチスト、そしてデザインそのものにおいて、象徴的な絵は、流動性の宇宙の永遠の動きと人間の生命の流れを表している。スフィンクスはそこでの均衡である。車輪にはTaroをRotaと音訳したものが刻まれており、神名の文字と逆に、すべてに神のご加護があることを表している。しかしこれは内なる神の意志であり、外なる同様の意図は四つの生き物によって例証される。スフィンクスは台座の上にあるクーシャンと表現されることもありますが、これは動きの中での安定という本質的な概念を台無しにして、象徴性を損ねています。

このシンボルに示されている一般的概念の背後には、そこに暗示されている偶然の否定と死がある。レヴィの時代からこのカードのオカルト的な説明は、たとえそれが神秘的であったとしても、極めて不気味なものであったことを付け加えることができるだろう。これは原理、多産、名誉、支配権などを意味するとされてきたが、一般的な占いの発見はそれよりも優れている。
 
 

Divinatory Meanings/正位置

Destiny, fortune, success, elevation, luck, felicity.
― THE PICTORIAL KEY TO THE TAROT

 
 
 運命、盛衰(人生の浮き沈み)、成功、高まり(昇進、登用)、幸運、幸福。

 
 

destiny [名詞]〖通例単数形で〗(人の避けがたい)運命,宿命(fate). 運命の力(fate);〖D-〗天(命),神意.
fortune 〖語源は「偶然起こること」〗[名詞]〖通例単数形で〗大金,財産;富. 運;運勢,運命;〖F-〗運命の女神;幸運. 〖通例~s〗(人生の)浮き沈み,命運,盛衰,明暗.
success 〖語源は「結果」〗[名詞]〖時にa ~〗«…における/…についての»成功;出世;合格. 〖通例a ~〗うまくいった事[物];大当たり. 〖通例a ~〗«…で/…として»成功した人.
elevation [名詞]〖単数形で〗海抜,標高,高度(altitude). «…への»昇進,登用. (血圧・濃度などの)上昇. (周りより)高い場所;高台. (気持ちなどの)高まり,高揚. 〘建〙正[前]面図. 〘軍〙射角〘銃砲の射線と水平面のはさむ角〙.
luck [名詞]幸運,つき,まぐれ当たり. 運,運勢,巡り合わせ,チャンス(chance, fortune).
「動詞」⦅米・くだけた話⦆«…に»運よく出くわす;«…を»運よく手に入れる;〈人が〉万事うまくいく,運が向いてくる;幸運である,ついている(out).
felicity [名詞]至福,歓喜,幸福. 適切さ;望ましさ. 適切な表現.

 

メモ

 人生は絶え間なく続くギャンブルでコントロールできない、幸運の女神の憐れみと偶然の出来事によって、私たちの運命は決められてしまうことを暗示している。
 人生の喜びや苦しみを受けるのは運命の輪が回る偶然性によるもの。
 事態の好ましい転機。
 10はひとつのサイクルのおわりと、新しいサイクルの始まりを暗示している。
 報い。
 報酬。
 機会。
 チャンスが訪れたり、過去の善行に対する報いがある。
 事態は好ましい方向に転じる。
 より良い形での拡大や成長(おそらく新しい方向)を表す。
 有利な展開を暗示。
 生活をもっと有意義にするような道へのスタート。ただし、大抵のチャンスには思い切りが必要であることを知っておく必要がある。
 成功の可能性は非常に大きい。
 
 アドバイス
 大きなチャンスがやってきます、そのための準備を整えておきましょう。
 
 

Reversed/逆位置

Reversed: Increase, abundance, superfluity.
― THE PICTORIAL KEY TO THE TAROT

 
 
 増加、余分、過剰。

 
 

increase [自動詞]〈物・人などが〉«…の点で/…だけ/…から/…まで»増える,増加[増大]する. [他動詞]〈人・物・事が〉«…から/…まで/…だけ»〈物・数量・人〉を増やす,高める.
[名詞]«…の/…に対する»増加,上昇;増加量.
abundance [名詞]〖具体例ではan ~〗大量,豊富;余分. 富.
superfluity [名詞]〖通例a ~ of A〗必要以上[過剰]のA. 〖通例-ties〗過剰なもの,不必要なもの.

 

メモ

 延期。
 妨害。
 問題の再発。
 以前起こったことがまた起こる。
 元の木阿弥。
 もうとっくにおわたことをやり直さなきゃいけない。
 一生懸命頑張っても、ほとんど進展が見られない。
 大きな壁にぶち当たる。
 ややこしいことになったり、延期になったりする。
 チャンスはするりと腕をすり抜ける。
 同じ過ちを繰り返す。
 チャンスがいつ来るのか予測できないことを暗示。
 タイミングの問題、例えば準備していたのに何も起きなかったということがある。

 力不足。役不足

[閉じる]