Everyday is like Sunday

毎日がまるで日曜日

孤独から脱出できなきゃ人生詰むと思う


やあやあ、僕は人生詰んだとまではまだ思ってないんだけど、どうにも社会復帰できない状態が続いててさ、もうおじさんと呼ばれる年齢になっちゃったし、さすがにヤバイよねって最近気は思うようになってきたよ。

僕は独学でweb技術を学んだことがあるんだけどね。やりたいこと実現したいことに必要な情報や知識を、その都度ネットで調べながらではあるけど、HTMLはもちろんJavaScriptとか、phpMySQLとか使ってた。ワードプレスプラグインを自作する程度はできてたな。それで、2013年から2016年までとあるジャンルのニュースサイトを作って個人で運営していたことがあるんだよ。はじめのうちはまあ悪くなかったよ。月間ビューが最大で6万を超えたこともあったしね。でもねー、2015年から数が落ちちゃってさ、1日200〜400のビュー数で推移するようになっちゃった。年間の広告やアフィリエイトの収入は2万円くらいだった。まあそれでも、読者はいるみたいだし(少ないけど)、もうちょっと頑張ってみるかなーってやってた時にさ、同じサーバーで試作して放置してたアンテナサイトが、名誉棄損・業務妨害だってレンサバから公開停止措置食らってさ(京都の客引きカフェの記事だった)。もうびっくりだよ。だってアンテナサイトだよ。まとめサイトの記事見出しとリンクだけを表示してるだけなのよ。大元の市況かぶ全力2階建の記事は今も検索結果上位に出てきてピンピンしてるのに。それ俺のとこに来るー!? って。もうそこでやる気が折れちゃってさ、レンサバ解約しちゃった。さくらね。たださ、サイトを閉鎖した後、僕がニュースの題材として取り上げていた業界のメーカーのツイッターアカンウトから「情報が良くまとまっておりましたので頻繁に利用させて頂いておりました。弊社の作品を取り上げて頂いてありがとうございます。データー消去の経緯は分かりませんが、今までやってきたことは無駄ではなく素晴らしいことだいうことを心に留めて頂ければと思います。」っていう感謝のツイートをもらってさ。嬉しかったねー。でも金にはならなかったねー。だって作品一本出ても数千本とかしか売れない業界だからね。市場がニッチすぎた。そりゃ、誰も情報サイトなんか作らんわな。僕がブルーオーシャンだと思ってたものは、スモールレェイクだったみたいな。趣味の範囲でならよかったんだろうね。

ってなもんで、僕はある程度webに関することは少しは出来ると思ってる。でもねぇ、けんすう氏はクラウドワークスで仕事を取ればいいとか言ってるけど、それが出来ないんだなぁ。どうにも自信が持てない。一人で仕事を受けて、わからないことがあってやりきれなかったらどうしようって不安がある。わからないときにだれかに相談できたりするとまだ勇気持って仕事に応募できそうだけど、依頼主に迷惑かけられないし、個人で孤独だとちょっと怖くてなかなかできないんだなぁ。あと、未経験でもコードがかければ雇ってくれるところってどこなんすかね? 僕は知らないし、そういうとこってブラックなんじゃないんですかね。こう思うのは僕が孤独で社会からディバイドされて情弱になっているせいもあるのかな? サイトが営業妨害だって公開停止された時もさ、実はそんな大事じゃなくて、ただリンクを消しただけで済んだんだけど、孤独で誰にも相談できなかった僕はそんなことわからなくて、訴えられて裁判になったらどうしようって震えてたからね。孤独つらいよ。

[閉じる]