Everyday is like Sunday

毎日がまるで日曜日

夕暮れの空は美しい

f:id:ex02xx:20130926182034j:plain


もう3日続けての悪天候ですよ。2018年の始まりは晴天が続いて良い滑り出しだと思っていたのにね。冷たく灰色に染まった世界ってのは、冬の寒さもあいまって気が滅入りますな。そんな現実を見たくなくて、デジカメのデータを眺めていたら、この夕空の写真を見つけた。この写真を撮影したのは2013年9月26日18時20分。結構前なんだけどね。綺麗な空じゃないですか? 澄んだ青と橙色のグラデーション。僕はいつも思うんだけど、夕暮れの空が一番美しいと思う。夜明けと夕暮れは似ているけど、朝よりも夕が断然美しい。

1日を人生にたとえるなんて話があるけど、この黄昏の時間は60歳あたりかな……人生80歳として24時間に当てはめると、1時間が約3.3歳。18時は59.4歳。そうだね、おおよそ60歳くらい。人が一番美しいのは60歳あたり——、って、んなわけねぇよなー。若い方が見た目美しいよー。女だって若い方がピチピチしててそそるしよー。あー、良いこと言おうとしてみたけど、無理だな。まだまだ俺はそこまで達観してねえわ。円熟した美しさがあるとかそんな綺麗事言えない。まだ実感できてないし。俺はまだ若い女が好きだわやっぱ。あれ? なんか変な方向に話がそれてくな。まあいいや。とにかくだ、夕暮れの空が美しいのは間違いないってことよ。

[閉じる]