Everyday is like Sunday

毎日がまるで日曜日

I. The Magician/魔術師 ザ・マジシャン を考えるためのメモ

I. The Magician/魔術師 ザ・マジシャン

RWS Tarot 01 Magician.jpg
By パメラ・コールマン・スミス (-1951) - Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より(下部 NOTE 節を参照)。en:File:RWS Tarot 01 Magician.jpgより移入。, パブリック・ドメイン, Link

A youthful figure in the robe of a magician, having the countenance of divine Apollo, with smile of confidence and shining eyes. Above his head is the mysterious sign of the Holy Spirit, the sign of life, like an endless cord, forming the figure 8 in a horizontal position . About his waist is a serpent-cincture, the serpent appearing to devour its own tail. This is familiar to most as a conventional symbol of eternity, but here it indicates more especially the eternity of attainment in the spirit. In the Magician's right hand is a wand raised towards heaven, while the left hand is pointing to the earth. This dual sign is known in very high grades of the Instituted Mysteries; it shews the descent of grace, virtue and light, drawn from things above and derived to things below. The suggestion throughout is therefore the possession and communication of the Powers and Gifts of the Spirit. On the table in front of the Magician are the symbols of the four Tarot suits, signifying the elements of natural life, which lie like counters before the adept, and he adapts them as he wills. Beneath are roses and lilies, the flos campi and lilium convallium, changed into garden flowers, to shew the culture of aspiration. This card signifies the divine motive in man, reflecting God, the will in the liberation of its union with that which is above. It is also the unity of individual being on all planes, and in a very high sense it is thought, in the fixation thereof. With further reference to what I have called the sign of life and its connexion with the number 8, it may be remembered that Christian Gnosticism speaks of rebirth in Christ as a change "unto the Ogdoad." The mystic number is termed Jerusalem above, the Land flowing with Milk and Honey, the Holy Spirit and the Land of the Lord. According to Martinism, 8 is the number of Christ.
― THE PICTORIAL KEY TO THE TAROT

 
 
魔術師の衣をまとった若々しい姿が、神々しいアポロの顔つきをしており、自信に満ちた微笑と輝く眼を持っていた。彼の頭の上には聖霊の不思議なしるしがあり、生命のしるしであるが、それは無限のひものように、8の形を水平にしている。彼の腰のまわりにはヘビのようなチンキがあり、ヘビは自分の尾をむさぼり食っているように見える。これは常套的な永遠の象徴として多くの人に親しまれていますが、ここでは特に、精神における到達の永遠性を示しています。魔術師の右手には天に向かって掲げられた杖があり,左手は地を指している。この二重徴候は、実験系ミステリーの非常に高いグレードで知られている;それは、上のものから引き出され、下のものに由来する、恵み、美徳、光の下降を示します。従って提案とは、霊の力と贈与の所有と伝達である。マジシャンの前のテーブルには4つのタロットのスーツのシンボルがあります。これは自然の生命の要素を意味しています。これらは達人の前にカウンターのように置かれていて彼が望むように適応させます。その下にはバラやユリ、カンプイやオオバコが植えられ、庭園の花に変えられて、吸引力の文化を育んでいる。このカードは、人間の神聖な動機を意味し、神を反映しています。神は、上にあるものとの結合を解放する意志を表します。それはまた、すべての平面上に存在する個人の統一であり、その固定において、非常に高い意味で考えられている。さらに、私が生命のしるしと呼んだもの、およびその8という数との関係について言えば、キリスト教グノーシス主義がキリストでの復活を変化「Ogdoadへ。」として語っていることを思い出すかもしれません。神秘的な数は、上ではエルサレム、ミルクとはちみつであふれる国、聖霊と主の国と呼ばれています。マルティニズムによれば、8はキリストの数である。
 
 

Divinatory Meanings/正位置

Skill, diplomacy, address, subtlety; sickness, pain, loss, disaster, snares of enemies; self-confidence, will; the Querent, if male.
― THE PICTORIAL KEY TO THE TAROT

 
 
 技能、駆け引きの腕前、演説、器用さ、病、痛み、損失、災難、敵のわな;自信、意志(決意)、質問者自身、男性なら

 
 

skill 〖語源は「識別するもの」〗[名詞](具体例・種類を示して)«…の, …する»(卓越した)技術,技能. «…の»(熟練した)技量,熟練,腕前.
diplomacy [名詞]外交. 外交的手腕,駆け引き(tact).
address 〖ad(…に)dress(言葉を差し向ける)〗〖通例one's ~〗(郵便などの)宛先;住所,所,番地;(Eメール・ウェブサイトの)アドレス. «…に向けた»(公式の)あいさつ,演説,講演,式辞(!speechより形式ばったもの). 〘コンピュ〙アドレス〘データの所在を示す番[記]号〙. 手際のよさ,器用さ. ⦅やや古⦆話し方,物腰. 〖~es〗(女性への)求愛.
[動詞]〈手紙など〉に宛名[先]を書く,上書きをする. 〈人〉に話しかける. 〈敬称・呼び名など〉と呼びかける. 〈会議・集会など(の聴衆)〉に向けて演説[講演, あいさつ]をする. 〈問題・課題など〉に取り組む,専念する. 〘ゴルフ〙〈ボール〉を打つ構えを取る, …にアドレスする. 〘コンピュ〙〈データなど〉をアドレス指定する.
subtlety [名詞]巧妙(さ),上手さ;鋭敏(さ),鋭い感受性[洞察力]. 〖通例-ties〗(隠れた重要な)細部, 微細, 機微.
sickness 〖sick(病気の)ness(状態)〗[名詞]病気(の状態). 吐き気,むかつき(nausea). (社会・政治・経済の)重大問題.
pain 〖語源は「刑罰・罰金」〗[名詞](肉体的)痛み,苦痛. (精神的)苦しみ,苦痛,悩み,苦悩. 〖~s〗骨折り,苦労,(細心の)努力(→effort). ⦅くだけて⦆〖a ~〗やっかいな人[物].
[動詞]〈人(の心)〉を悲しくさせる,つらくさせる. [自動詞]〈体の一部が〉〈人〉に痛みを与える.
loss [名詞]喪失;なくなる[なくす]こと,紛失,遺失;減少,低下(↔gain). (仕事上の金銭の)損失,損害;損失額. 死(death);〖~es〗〘軍〙損失兵員. 孤独感;(人を失った)悲しみ. 〖通例単数形で〗(人がいなくなったことによる)損失,マイナス;損失となる人. (試合で)«…に対する»負け,敗北(defeat)(↔ win);失敗;(賞などを)取り損なうこと. (時間・労力などの)むだ,浪費. 〘電〙電力損失.
disaster 〖dis(離れて)aster(星); 「幸運の星から離れて」〗[名詞]«…にとっての»(大)災害,(大)惨事,天災;(思いがけない)災難,不幸,災厄. ⦅くだけて⦆«…にとっての»大失敗;大打撃;失敗作,ひどいもの. ⦅くだけて⦆⦅おどけて⦆〖単数形で〗めちゃくちゃな状況[場所];だめな人.
self-confidence 自負心,自信,意気地.
will 〖もとは動詞で「望む・欲する」の意>助動詞〗[助動詞]〈人・物・事が〉…だろう, …でしょう, …する. 〖命令; 二人称・三人称主語で〗…しなさい(must). 【意志未来】〖意志; 一人称主語で〗〈私が〉…する, …しよう. 【推量・予測】⦅くだけた話⦆〖推量; 通例二人称・三人称主語で〗〈人・物・事が〉きっと…だろう. 〖一般的傾向・習性; 二人称・三人称主語で〗〈人・物・事が〉…するものだ; ⦅話⦆〈人が〉よく…する. 〖潜在的能力・可能性; 三人称主語で〗〈物が〉…できる(can).
[名詞]意志,意思. 〖the/one's ~〗«…しようという»意欲,決意;望み,願い. 遺言;遺言状(testament). 〖the/one's ~〗意向;命令. (他人に対する)気持ち;態度.
[動詞]〈事〉を望む,祈念する; …を決意する;…することを願う;人・物〉に…をさせる[させようとする]. 〈財産など〉を(〈人〉に)遺贈する;…と遺言する. ⦅古⦆〈神などが〉…を意図する;〖~ that節〗…ということを定める. 意志で決める;起こることを望む.
the Querent himself (if male) (男性の場合)質問者自信. 相談者自信, 依頼人自信.
querent [名詞]〈古〉《法律》告訴人,原告.

 
 

メモ

 意志
 スタート
 表現力
 創造
 アイデア
 巧妙
 熟練
 才能
 発端

 何かを始めること、それに関係すること
 堂々
 
 

Reversed/逆位置

Reversed: Physician, Magus, mental disease, disgrace, disquiet.
― THE PICTORIAL KEY TO THE TAROT

 
 
 医者(悩みなどを治す人)、魔術師、心の病、恥、不安。

 
 

physician [名詞]医師,医者,内科医. (悩みなどを)治す人[物].
magus [名詞]古代ペルシャの僧侶. 魔術師. 魔法使い.
mental illness 心の病い,精神病,精神障害.
disgrace 〖dis(打ち消し)grace(好意)〗[名詞]不名誉,恥辱,不面目(dishonor,shame);不人気,不評,不興;不信. 〖a ~〗恥ずべきこと;«…に対する»不名誉をもたらす物[事, 人],恥さらし,面汚し.
[動詞]〈人言行などが〉〈人名前など〉を汚す,辱める;〖be ~d〗信用を失う; 失脚する. 〈役人などを〉(罰として)免職する,罷免する. 汚辱;恥;生き恥. 陵辱する,傷つける,屈辱,名折,穢す,疵つける,醜,面目なさ,会稽,凌辱する.
disquiet [名詞]«…に関する»不安,心配. 〈人〉が心配[不安]になる,平静を失わせる,心を乱す,不安にする. 不穏;胸騒ぎ. 動揺.

 
 

メモ

 ためらい
 悩むこと、またそれに関すること
 

[閉じる]