Everyday is like Sunday

毎日がまるで日曜日

どうしてこんなになるまで放っておいたんだ

通帳の残高がついに一桁万円。

どうしてこんなになるまで放っておいたんだ。

何もしなければお金は減っていく。

そりゃ、自分でもわかってましたよ。

でもね、人間は弱い生き物ですよ。

僕に限らず。



国家運営を司るエリート様たちだって、さまざまな問題をごまかしつつ先送りしているじゃありませんか。

やれば変わる。良くなるはずなのに、なぜ実行に移さない。

一流の優れている人たちでさえそうなんですよ。

そんな人たちよりずーっと劣っている僕にできると思いますか?

こんなになるまで放っておいたのは、仕方のないことなんですよ。



とかなんとかつべこべいってないで、とにかく稼がなきゃいけないわけだけど。

でも状況はわりとシビアです。

まず、地元を離れることができない。

それから車もバイクも自転車もないので、仕事に行くための交通手段がない。

だから都会など仕事の多い地域に行くことはできないし、地元でも歩いていける範囲の仕事しか選べない。



僕が住んでいるところは地方都市のはずれ。

田舎ですよ。

近所に大きな工場とかもない。

だから門戸の広い期間工といった仕事も通える範囲では存在しない。



結果、在宅でできる仕事に目が向くようになってしまう。

しかし、クラウドソーシングにはやれそうな仕事がない。



いやまあね、僕の検索の仕方が悪いのかもしれない。

でも、やれそうな仕事を見つけられないというのは、僕の能力の限界ということでもあるんだろう。

つまり僕は仕事ができない。



あーなんかきれいに吹っ飛びたい。

ベジータさん。汚ねぇ花火に、してくんないかなぁ。



…いや、死にたいとかいうわけじゃなくてね。

バカになれたら楽なんだろうなぁって。

つうか、もうすでに十分バカだからこんな状態なんだけど。

バカになりきれないっていうか。

こうやって自分のこころのうちをあけすけに書こうとしてるのも、バカになるための助走なのかもしれんが、ちょっと自分がわからなくなってきてる。



ex02xx.hatenablog.com
ex02xx.hatenablog.com
ex02xx.hatenablog.com

[閉じる]