読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is like Sunday

毎日がまるで日曜日

グーグル日本語入力が便利なのかわからない

グーグル日本語入力をアンイストールした。

グーグル日本語入力をインストールしたのはもうずいぶん前だが、当時ネット上ですごいすごいと絶賛されていた。わたしが見た限り肯定的な意見しかなかった。そんなにすごいならとインストールした。

グーグル日本語入力の魅力は、ウェブから生成された辞書を使用した変換候補サジェスト機能だろう。
日常的な言葉であれば、高い精度で変換されるため、掲示板に書き込んだり、ツイートしたり、日常ブログを書いたりといった普段使いなら役に立つ。

しかし、専門的なことを書こうとすると、とたんに不便になった。
変換候補が逆に煩わしくなるのだ。言葉によっては、間違った慣用句や誤用など変な変換候補もある。変換できない漢字もちょこちょこある。ウェブ上で使われている言葉から辞書がつくられるので、時事が反映され、顔文字の変換候補も豊富なのだが、みいちゃんはあちゃんになっているきらいがある。

そのときも、グーグル日本語入力を使っていて、ある漢字が変換できなかった。
そして、辞書に登録していたとき、わたしはふと思った。

サジェスト機能が使えないのであれば、べつにグーグル日本語入力でなくてもいいのではないか。
グーグル日本語入力の魅力は変換能力だ。その機能がてんで使えないということは、パソコンに標準ではいっている入力機能とかわらないのではないか。いや、標準入力のほうがマシなのでは。不便なところを辞書登録などでカスタマイズしていくのはどちらの環境でも一緒だ。そうであれば、グーグル日本語入力を使う意味はない。

ということで、わたしはグーグル日本語入力をアンインストールした。

いま標準の入力機能で書いているが、グーグル日本語入力で変換できなかった漢字が変換できている。また、変な変換候補が出てこないので、快適になった気さえする。グーグル日本語入力が便利だとは、わたしは思えなくなってしまった。

[閉じる]