読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is like Sunday

毎日がまるで日曜日

アセロラジュースが近所で売ってねえ!

日記

最近、皮膚のいたるところに薄っすらとした染みのようなものが増えてきた。その中には、色が濃くなってしまったものもある。ホクロが増えたような気がする。

これが老いというものなのだろうか? 不惑を前にして、健康に対する惑いが拭えない。染みが濃くなってないか、増えてないか、ことあるごとに腕や手を見てしまう。肌の染みをなくす、あるいはこれ以上ひどくならないように何かしなければと考えてばかりいる。とにかく、この肌の染みが気になって仕方がないのだ。


肌に良いものといえば、ビタミンCだろう。
ビタミンCは、コラーゲンの合成に深く関与していて、そのコラーゲンは皮膚や粘膜を構成する。つまり、ビタミンCを摂取すれば肌の健康を維持できるということだ。

少しでも肌を良い状態にしたいと思い、ビタミンCを積極的に摂取していくことにした。手軽に摂るにはサプリメントもあるが、できれば食品からと思い、アセロラジュースを飲もうと思い至った。アセロラのビタミンC量は、レモンの34倍。コップ一杯で一日に必要なビタミンCの量が摂取できる、なかなかにお手軽な食品といえるだろう。

ニチレイ アセロラドリンク 900ml×12本

僕がはじめてアセロラジュースを知ったのは小学生の時だった。近所に住んでいた1つ年下の花尾(仮名)くんの家で遊んでいたときに飲ませてもらった。甘酸っぱくてさらさらとした飲みくち。ちょうど季節が夏ということもあってか、その爽やかさにとても美味しい飲み物だなと思ったことを記憶している。当時は、アセロラジュースというものが世に出始めた頃で、女子プロゴルファーの岡本綾子がCMをやっていたのも懐かしい。


と、ちょっと脱線しかけたが、まあ、とにかくアセロラジュースを買いに行ったのだ。買いに行ったのだが、どこにもアセロラジュースが売ってねえ! はじめは、地元の大手チェーンスーパーに行った。複合型大型ショッピングセンターを、全国区イオンの進出を阻止して自ら開業させたくらいには大手である。地元では天下を取っているスーパーだ。品揃えも悪くはないはずなのだが、アセロラジュースをみつけることができなかった。つぎに地元産の生鮮食品を安価で提供する小型スーパーへ行った。そこにもなかった。そのつぎは、地元でそこそこ大きいチェーンのドラッグストアだ。ここにもなかった。さいごに、近所のコンビニ(サークルKしかない)へ行った。なかった。もう近所にお店はない。

いったいどうした。何かアセロラ健康被害でもあったのかと疑いたくなった程だ。それくらい、キレイさっぱりどこにもアセロラジュースが置いていないのである。


仕方ないので、ポンジュースにするか? これはどこにでもあった。

POM ポンジュース 350ml×24本

POM ポンジュース 350ml×24本