読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everyday is like Sunday

毎日がまるで日曜日

ブログでどこまで個人情報をさらすか

日記 暮らし

ブログを書いていて思うことがあります。
それは、自分のことをどこまで書くかということ。


「日本のインターネットは匿名文化だ」と言われますが、最近は、本名でやっていたり、顔写真まで公開している人も多いです。匿名インターネットの時代は、昔の話になろうとしているのかもしれません。

そうは言っても、自分のことを書くことに抵抗がある

自分のことを何でも書けるようになると、ネタが増えるとは思うのですが、身バレするのが嫌なんですよね。恥ずかしさがある。とくに自分の学生時代や働いていたときのことを書くのには躊躇いがあります。


「うわ、今こいつこんなことやってんだ」とか、知ってる人に思われたくないんです。どこの誰かわからないけど、このブログを書いているやつがいるんだなあ程度の存在でいたい。あまり他者とかかわりを持ちたくないけど、完全に孤独なのは嫌みたいな? わがままですね(混迷)。


文章力のある人は、上手に嘘を交えて書いたりするようですが、わたしは嘘が苦手です。(上手な嘘がつけるなら、会社員を続けられたんだろうなと思います……まあ、わかりませんけどね(笑))


ブログでどこまで個人情報をさらすかについては、いま自分が書けると思う範囲で書くしかありません。今は書けないと思うことも、そのうち書きたくなるかもしれませんし、気持ちなんて変わるものですから。